ロスカットの重要性

FXの取り引きをしていて、損切りを設定していない場合、自分が持っている証拠金の損失が20~30%になったら、自動的にそれ以上の損失を出さないために自動的に決済します。それをロスカットと言います。

ロスカットの場合、FXの会社によっては、ロスカットになりますよ、という警告のメールなどのお知らせを送って来る会社もあります。ロスカットにあう前に警告のメールなどが来た場合は、即時に決済したほうがいいです。そのままにしておくと、手元には、もともと持っていた証拠金の20~30%しか手元に残らなくなってしまいます。

ロスカットを防ぐには損切りを設定しておくことです。損切りさえ設定していれば、ロスカットにあう危険性はなくなります。ロスカットを防ぐにはレバレッジを低く保つことで回避できます。つまり、証拠金に対して外貨を多く買いすぎないことです。

ロスカットにあうと、証拠金が少なくなってしまい、それを取り戻すのはほとんど無理と言っていいでしょう。ですから、出来る限り、ロスカットにあわないようにすることが必要で、そのためにも、外貨を多く持ちすぎないことと、損切りを徹底して設定する習慣を付けることが必要です。

ロスカットはもともと、証拠金以上の損失が出ないようにするための対策です。証拠金がゼロになってしまったり、それ以上の損失を出さないために作られたシステムです。ロスカットにあっても、証拠金の20~30%は手元に残ることになりますが、その失った70~80%は大きな損失になります。

できるだけロスカットにあわないように気をつけることは必要なことですし、ロスカットにはあいたくないものです。そのためにも損切りを毎回設定する必要があります。