FXの取引単位

FXをはじめたばかりの方は、やはり不安に思うものです。不安に思う気持ちから、できるだけ少ない取引をしようと考えている方も多いと思います。しかし、現在FX取引をするからには、そんなことは言っていられません。というのも、FXには取引単位というものがあるのです。

取引単位というのは、通貨をどれだけ取引するかというもの。多くのFX会社では、最低の通貨取引単位というのを定めております。多くのFX会社で採用されている最低取引単位は、10000通貨です。10000通貨ということは、アメリカドルですと10000ドルということになります。

現在のレートで言うと、100万円ということになりますね。ということは、最低でも100万円の資金がないと、FXは始められないということになるのでしょうか。そんなことはありません。FXならではのシステムとして、レバレッジというものがあります。

レバレッジによって、手持ちの資金を何倍にもして取引をすることができるということです。例えば、100000円の資金しかないということになっても、10倍のレバレッジをきかせれば、100万円分の取引ができるということになります。レバレッジによって、10000通貨の取引単位も無事にクリアできるというわけです。

とはいえ、この取引単位、できれば少ないほうがいいです。前述したように、ほとんどのFX会社では、10000通貨の取引単位としております。しかし、それでもまだ多いという方のために、最近では1000通貨の取引単位としているところもあります。1000通貨であれば、安心して取引をすることができます。

しかも、多くの種類の通貨を購入することもできますので、それによって万が一のリスク回避にもつながるので、取引単位の少ないところはおすすめです。